>

保証人はだれに頼むの?いないときはどうするの?

保証人って誰に頼めばいいの?

責任の重さピカイチの「連帯保証人」、貸主の立場に立ってみれば、借主が支払えなくなったときのリスク管理を考えるのは当然で、借りるものが家なわけですから責任が重くなるのも納得できます。しかしその連帯保証人、誰に頼むのが妥当なのでしょうか。「連帯保証人」において一番重要なのは借主が借りた物件の金額をカバーできる収入。その収入を維持できる職業についているかどうかが必須となってきます。内容が内容なだけに、頼めるのは必然的に「定職についている親」が一番多く、その次に「兄弟」このあたりの2親等以内が多いと言えるでしょう。しかし高齢化社会の昨今、親がリタイアしているなどの理由でお願いしやすい身内に連帯保証人をお願いすることができなくなっている人も多くなっていると言えます。

保証人がいなくても家を借りたい

そもそも親戚がいなかったり、親がリタイアしてしまったなど連帯保証人を頼めない場合は家を借りる術がなのではないかと思われる方も多いでしょう。しかし、そんな人には連帯保証人の代わりになってくれる連帯保証会社を利用する方法があります。
最近では連帯保証人ではなくこの保証会社と提携している不動産屋さんも多く見受けられるようになっています。ただこの保証会社もただで保証してくれるわけではありません。もちろん別途保証料などの保証会社に支払うお金が必要となり、契約後も数年に1回契約更新料が必要であったり、その保証会社によって金額も料金形態も違ってくるので事前によく調べることをお勧めします。ちなみに保証会社は万が一借主が家賃を支払えなくなった場合に代わりに家賃を支払った後、借主に対して大家さんより厳しく支払いを請求することが多いとか・・・そうはなりたくないですね。


この記事をシェアする