>

家を借りるときのエトセトラ

賃貸契約の流れと保証人

家を借りる一般的な手順としては、引っ越すぞと思い立って不動産屋さんに行き、条件を伝えそれに合う物件を紹介してもらって内見し、ココ!と決めたのち契約となります。難しい言葉が出てくるのはこのあと、敷金(契約時大家さんに預けるお金、退去時のクリーニング代清算に使うことが多い)、礼金(契約時大家さんにお礼としてさしあげるお金。
古くからの慣習だが地域特性あり)、仲介手数料(その物件を仲介してくれた業者に支払うお金。上限家賃1か月分と決まっている)、重要項目説明(宅地建物取引主任者の資格保有者が契約内容や特例について借主に説明する義務がある)、保証人(万が一借主が家賃を滞納した場合法的に代わりに払う人)などですが、この保証人についてもうすこし詳しく調べてみましょう。

保証人と連帯保証人の違い

「保証人」と「連帯保証人」両方とも賃貸契約にまつわるワードだと思いますが一体何が違うのでしょうか。
まず、「保証人」と「連帯保証人」では法的な効力が全く違います。借主が支払えなくなった家賃を請求されたとき、何が何でも絶対に払わなければならない、借主に財産があっても絶対に支払わなければならない、たとえ何人いようとひとりひとりに債務額全額を支払う義務がある、これが「連帯保証人」です。「保証人」は払いたくない!借主に払わせてくれ!と申し出にあらがうことができ、借主に財産があると証明できればそれを差し押さえさせることができ、何人もいれば債務額はその人数で割った金額のみになります。全然違って怖すぎます・・・しかも賃貸契約においての「保証人」とはほぼ「連帯保証人」のことを指します。


この記事をシェアする