意外と知らない賃貸契約と保証人制度

家を借りるときの保証人ってどうして必要なの?

家を借りるときのエトセトラ

たくさんの物件からお目当てのものを見つけて、さあ契約だ!と書類を見たら、読みたくなくなるような難しい話がたくさん書いてある・・・なんとなくはわかるけどちゃんと意味を考えたことがない。大切な家の契約、これを機に用語の意味を理解してみましょう。

保証人はだれに頼むの?いないときはどうするの?

家を借りるのに保証人が必要なことはわかったけれど、万が一家賃の支払いができなくなったときに責任を負ってもらうなんて、いったい誰に頼めばいいんだろう?頼める人がいなかったら、どうしたらいいの?もしかして家って借りられないの?そんな疑問にお答えします。

保証人が不要な物件のデメリットについて考えよう

そもそも責任の重ーい保証人を誰かにお願いすることなく、最初から立てずに家を借りることだってできる場合もあります。それが「保証人不要物件」です。貸主がお家賃をとりっぱぐれないようにきっちり取り決められている「保証人制度」それがいらない物件ってどういうこと・・・?

さあ、家を借りよう!あれ、知らない言葉がいっぱいだ・・・

晴れて大学生になった、一人暮らしをするぞ!収入がよくなったからもう少しいいところに引っ越そうかな。ライフステージにおいて、家を借りる場面は何度かありますよね。よし、引っ越すぞ!と思ったその日からいきなり住めるのはホテルくらいで(それでも長期で住むにはいろいろと手順が必要ですが)、きちんと賃貸契約を結んで家を借りるとなると、思い立ってから実際に住むまで数か月かかることもあります。ん?あれって、何に何か月も時間がかかっているのでしょう。
賃貸契約を結ぶにあたって、いろいろ出てくる難しい言葉、例えば敷金、礼金、印鑑証明に重要項目説明、そして保証人など。それらの意味を理解していますか?この中でもなにやら恐ろしい雰囲気を醸し出している「保証人」、どうやら家賃を払えなくなった時に必要みたいだけど、払えなくなることなんてまずないだろうからだれでもいいか!なんて思っていませんか?
かつて私の祖父が「ひとさまの連帯保証人のハンコだけは押してはならん」と何度となく言っているのを耳にしたことがあります。子供のころから聞いていて、そのホラーのような顔と口ぶりから、「とにかく大変なことになるのだろう」という意味合いで理解をしていたのですが連帯保証人とやらになると何が起こるのでしょうか。どうやら恐ろしいことになりそうなそのシステムは一体何のためにあるのでしょうか。
実は「保証人」と「連帯保証人」同じようで全く意味が違います。
このサイトでは、賃貸契約にまつわるあれこれと、特に「保証人制度」を掘り下げてご紹介していきます。

おすすめリンク